2014/07/02

すくすく

雨降ったけど、状況が変わるほどの増水はなく・・・

前回は水が冷たいと感じたのに、ずいぶんと水温は上がったようだ。
ウェットスタイルはまだ早いと思ってたけど、7月だもんね。そりゃ暑い。

気温も30℃を超え、ちょっと熱中症になりかけた。


渓流のヤマメも大きくなった頃かと狙ってみたら、見切られまくった。
居場所もややこしい所ばかりで立ち位置も悩みまくり・・・

そんな所に居るのは皆9寸は越えていた。順調に成長中。




それにしても・・・難しい。

DSC00701.jpg


あとは雨に頼るしかなさそう・・・
増水すればボクにも釣れると思う。





スポンサーサイト



2014/07/05

釣りとカメラ

ボクにとって釣りの写真は記録といえば記録だけど、数年前の写真を見てもどこでどう釣ったものか思い出せる。記録=記憶みたいなもの。
(もう少し歳をとったら、どうか分からないけど・・・)
釣りに行けない暇な休日や、シーズンオフに写真を見直すのが楽しみでもある。
写真はまだまだ下手だけど、それでも写真撮ったり見たりするのは大好き。

実際、ブログ用に撮るだけならコンパクトカメラで充分だけど、なんせ機械が好きだからそれでは満足しない性分。
防水カメラも持ってるけど、ほぼ出番はない。

ただ高級なコンパクトカメラは下手な一眼レフなんて目じゃない写真が撮れる。
SIGMAのDPシリーズが欲しいけど我慢中。

なんせSIGMAと言えば、うちのこの子。

DSC00711.jpg

Foveonセンサーは、圧倒的な解像力と表現力がある。ネット上で撮影された画像を見て一目惚れして購入。
但し、撮影条件の制限が有りすぎる。
渓流へ持って行くと、ちゃんと撮れる確率は1/10くらい。納得のできる写真は1/100~200くらい。
なので、一日の撮影枚数は150~200枚。

明るい条件で更に三脚使えば、びっくりするような写真が撮れるけど、それは渓流には向かないってこと。
DPシリーズも同じで、それが理由でなかなか手が出せない。

しかし、このカメラのお陰でシャッタースピードや絞りを駆使して撮影する事を覚えた。
まぁ覚えたってだけで、良い写真が撮れる事にはならないけれど。

ただ、時間を掛けて魚の写真を撮る事はリリースが難しくなるという事。
なので、魚の事を気にかけながら写真にも神経を使うのは・・・

ちなみにこのカメラ。ボクは「じゃじゃ馬くん」と呼んでおります。



そんなこんなで最近活躍中のSONY NEX。

SDIM3742.jpg

もっぱら、SIGMAの単焦点レンズ付けて楽しんでおります。
手ブレ補正無くても、ISO感度が上げられるから気にならない。ピント合わせも簡単確実で、構図以外の失敗も殆どなし。
重量もサイズも今までの1/3以下。
なのでデイパックも要らないなぁ~と、現在は持ち運び方法を思案中。



とりあえず、今度は三脚もって遊んでこようっと。


2014/07/07

雨のち・・・

この雨、ちょうどいいんでない?

ゆっくり家を出たのが失敗した。
川の状況は思った通りだったけど、そこからの雨がひどくて・・・

上流部に入る。
何の躊躇もなくイワナが水面上まで出てくる高活性。
さすがの雨でカメラは出せなかった。

だけど水の増え方と濁り方を見て早めに退散。
万が一の事を考えて、すぐに林道に登れる川を選んでおいた。
やはり、その1時間後には全く釣りなんか出来ない状態になった。
ここ数年の雨は危険を感じる事が多い。
天気予報、天気図、雨雲レーダー、水位計を見ながらの釣り。
そして川も地形や退渓点をよく知った場所を選ぶようにしている。
無理せずに釣りをやめて、次の雨後の楽しみに。

でも、そのまま帰るには収穫がないので川の様子を伺うことに。
これくらいの雨で、どのくらい増水するのか。

DSC00725.jpg

結構なもんでした・・・





雨の紫陽花。

DSC00727.jpg

とキノコ。
ちんこいキノコがかわいい。

中を覗くと、

DSC00733.jpg

これまたちんこい蛙がたくさん。かわいいなぁ。





待望の雨が降った。
次はヤマメ、楽しみ!




2014/07/11

思いのほか

増水している模様。
今回の休み。果たして行けるんだろうか?

そろそろウェットスタイルで行きたいなぁと、ブーツの紐を通して準備も万端。
若干水が冷たい気もするけど、天気が良くて気温も上がれば行けそうな感じ。

それでも気温が低かったり、天気が悪けりゃウェーダーもまだまだ必要な時期でもある。

最近新調したウェーダー。

DSC00707.jpg

暑いけどウェーダーが必要・・・な時にも涼しくて快適。
でも何より、要を足すのが楽・・・。

ウエストハイは過去にも使ったけど、ゴアテックス使ってたわりに縫製が悪くて修理の繰り返し。
SIMMSは高いけど、耐久性が全く違う。
コレ、超楽。
ショルダーストラップが無いからデイパックの邪魔にもならない。
脱ぎ履きもあっという間。

これにBOAだと更に。

DSC00706.jpg

5日に一回のペースで、そろそろ1年。
ソールは流石に今季で終りそうだけど、アウターはまだまだ行けそうなので今年はソ−ルの張替えしようと思う。
ワイヤーも今のところ問題なし。
切れるという話も聞くけど、たぶん締め過ぎなんじゃないかと。
ワイヤーは伸びも少ないし、足首の動きについていけない感じ。
アウターの柔らかいブーツなら特にそう。
ちょっと緩め?てくらいで問題無く使える。
次もコレかなぁ。くらい、お気に入り。



明日、釣りが出来たらいい感じだろうなぁ・・・


2014/07/12

水圧

やはり水が多かった。
いままでが減水していたとはいえ、さすがに40cmも水位が高いと遡行が大変。

途中、カモシカと睨めっこして濁りの残る激流を苦労しながら釣り上がる。

アップで投げてもあっという間に流される。はっきり言って、かなり釣りにくい。
居場所は激流の中と予想していた。

予想は的中。
波立つほどの激流ど真ん中。

DSC00744.jpg

まずは朱点が少ないアマゴ。

居場所が確定。

DSC00748.jpg

次ヤマメ。

尺あるかないかのサイズが各ポイントに一尾。

DSC00755.jpg

体型の良いのが揃ってる。
これは秋が楽しみだ。

ちょっと淀んだ場所からはイワナが出てきた。


ぷくぷくに肥えたアマゴ。
流れに乗ると一気に走る。

DSC00765.jpg

目が痛くなるような朱点が素敵。

DSC00779.jpg

これは良い体型。朱点は細かい。

DSC00784.jpg

ずいぶん上流部なのに本流育ちのような体型ばっかり。
水圧を突き破ると、こんなのがドンと出てくる。



欲を出して、もう一河川行ってみたら、小さいのしか居らず。
あげくに本日の主役、ボウイが川の底に沈み・・・

複雑な気分。





2014/07/18

くっ・・・

散々な結果・・・

いろんな失態が重なってバラしまくり。
瀬、流れ込み、淵、落ち込み。
狙いは良かっただけに悔やまれる。

腹が減って集中力が低下したのが原因かと・・・

尺ヤマメ、5本。
喰いも浅かったけど、それにしたって酷いな。


今日はクローズアップレンズ持って、ヤマメを接写してみようと思ってたのに。

ので、

DSC00808.jpg

本日のヤマメを落としたルアー達をパシャリ。

反省しながらビールでも飲みます。




2014/07/21

ひとつの

何かしらの楽しみ。
目標なりなんなり、ひとつでも楽しみを持って行くと気分が高まる。

次回はこのミノーで。

DSC00810.jpg


さっき針交換してて、ループノットフックの簡単な付け方に気が付いた。
あーなるほど。
ちょっとだけ気持ちよかった。




梅雨明けの気配が有るけどどうなんだろ?
昨日は大増水。魚も動いてるんだろうなぁ。
何を狙うか迷うところ。

旨いビールを呑むために!
2014/07/23

いろんなの

山道歩いてたら、上半身裸のおっちゃんとすれ違ったり。
山を下れば亀が道路を横断してたり。
草むらを抜けたらマムシに遭遇したり。

肝心の魚は・・・

DSC00812.jpg

小さいのがチョコチョコ遊んでくれました。


帰り道、会社の同僚の車を発見。
アユ釣ってたのでしばらく見物。

DSC00815.jpg

ヤマメが居そうな流れでちょっとだけ横でルアー投げた。
釣れるわけない・・・

悶々としたから竿借りてアユ釣りに挑戦。

DSC00817.jpg

素敵な色のがゴチン!

なんて難しいんだ・・・アユ。
ちょっと真剣にやってみたくなっちゃった。




どなたか鮎竿ください。




2014/07/28

いまひとつ

DSC00823.jpg

なんだかいまひとつな感じ。
ぽぽんと可愛いイワナが釣れたけど、それ以上の魚を探す気分にならず。

ウェットウェーディングを前回に続いてやってみたけど水が冷た過ぎる。
昨年なんかは余裕だったのに、やっぱり今年は水温がずいぶん低い。
かといってウェーダーでは暑いという微妙な感じ。

茗荷もちょこちょこ顔を見せはじめ、マタタビも良い感じになっている。

DSC00821.jpg

陸上はいつもとほとんど変わらない様子。



DSC00819.jpg


あと一ヶ月。
そこからの釣りが楽しみ。